安田純平さん解放

 23日の深夜に菅義偉官房長官が緊急記者会見を開き、2015年にシリアで武装勢力に誘拐されていた安田純平(44)さんが解放されたと発表しました。

 カタール政府から、安田さんが解放されるとの連絡が入ったそうです。

 安田さんはフリーのジャーナリストで、2015年6月に取材のためトルコの南部を経由してシリアへ入った後連絡が途絶えました。

 シリアは2011年から、アサド大統領が率いる独裁政権と反政府武装組織、クルド人組織、そしてISILを含むイスラム過激派組織などが入り乱れて内戦状態が続いています。日本政府は同国について退避勧告を出し、どのような理由があっても渡航しないように呼びかけていましたが、安田さんは政府の姿勢を批判する内容をツイッターに投稿。シリア北西部のイドリブ県に密入国した後シリア反政府武装組織の一つアル=ヌスラ戦線に誘拐されたとみられています。

 どうやら、カタール政府が身代金約3億円を武装組織に支払ったようです。安田さんが誘拐されてから3年、何故今になってカタール政府が急に身代金を支払ったのか謎です。日本政府は身代金の要求には応じていないため、武装組織がカタール政府に持ちかけたのかも知れません。

警官を刺殺して拳銃奪う

 26日の午後2時頃、富山県富山市久方町の交番で警察官が刃物を持った男に襲われ、拳銃を奪われる事件がありました。

 犯人は警察官を刃物で刺して拳銃を奪い、現場近くにある市立奥田小学校で警備員に発泡。駆けつけた警察官が発砲して命中、逮捕後に犯人は救急車で病院に運ばれましたが、左腹部を撃たれて重体だと言うことです。

 逮捕されたのは島津慧大容疑者(21)で、元自衛官との報道もあります。刺された警察官と、撃たれた警備員は共に搬送先の病院で死亡が確認されました。

 また痛ましい事件です。現場が交番と小学校。午後2時頃ですから、高学年はまだ授業中でしょう。もしかしたら、児童が襲われたり流れ弾が当たる可能性もあったわけです。

 そして、動機がよく判らない事件です。警官を襲ったのは拳銃を奪うためだったとして、小学校の警備員を撃ったのは何故でしょう?。警備員の殺害が目的なら、別に拳銃を手に入れなくても刃物で済む話です。

 昔、やはり元自衛官が交番を襲い、刃物で警察官を殺害して拳銃を奪った事件がありました。この時の動機は単に「銃が欲しかった」でした。

小渕氏の元秘書、在宅起訴へ

 前経済産業相の小渕優子・衆議院議員(41)の関連政治団体による「観劇会」を巡る政治資金規正法違反事件で、元秘書で前群馬県中之条町長の折田謙一郎氏(66)が東京地検特捜部の事情聴取に対し、「各団体の簿外支出を穴埋めするため、観劇会の収支を操作するなどして虚偽記入した」と供述しているそうです。

 小渕氏の関連各団体では、父親で元首相の小渕恵三氏(故人)の代から、選挙の陣中見舞いなどを簿外で支出。会計処理を担当した折田氏は2009年から2013年、簿外支出で生じた収支のずれを隠すため、資金管理団体「未来産業研究会」が、「小渕優子後援会」と「自民党群馬県第5選挙区支部」の両団体に寄付したように装っていたと言う事です。

 特捜部は近く、同法違反で折田氏を在宅起訴する見通しですが、優子議員については関与した証拠がなく、は不起訴になるとみられます。

 父親の代からの参謀役が、優子議員の知らないところでやってた、で幕引きのようです。周囲にしても、世話になった人のお嬢さんに傷をつけるわけにはいかない、と言う心理もあるでしょう。