政府、検査態勢を強化へ

 アメリカ食肉大手OSIグループの傘下で、上海の食品加工会社「上海福喜食品」が品質保持期限を過ぎたチキンナゲットなどの鶏肉製品を日本へ輸出していたとされる問題で、菅官房長官は23日午前の記者会見で、問題のある食品が国内に入らないよう検査態勢を強化する考えを明らかにしました。

 官房長官は、「事実関係を早急に確認することとともに、製造された食品は、一時的に輸入を差し止める措置を行っている」と述べました。また、中国政府に対しては、北京の大使館ルートなどを通じて事実関係を照会しているそうです。

 中国産食品と言えば、数年前に起きた毒餃子事件が記憶に新しい所です。しかし、あの時は一人の社員による犯行でしたが、今回は完全に会社ぐるみの犯行。しかも、何年も前から常態化していた事も明らかになっています。その上、量や出荷先の企業が桁違いで、大スキャンダルに発展しています。

 以前から中国産食品の危険性は度々指摘されてきましたが、それを裏付けるかのような今回の事件。唯一の救いは内部告発を受けた地元テレビ局の潜入取材で明らかになった、ということでしょうか。中国人の中にも、問題意識を持った人がいたのです。