小渕氏の元秘書、在宅起訴へ

 前経済産業相の小渕優子・衆議院議員(41)の関連政治団体による「観劇会」を巡る政治資金規正法違反事件で、元秘書で前群馬県中之条町長の折田謙一郎氏(66)が東京地検特捜部の事情聴取に対し、「各団体の簿外支出を穴埋めするため、観劇会の収支を操作するなどして虚偽記入した」と供述しているそうです。

 小渕氏の関連各団体では、父親で元首相の小渕恵三氏(故人)の代から、選挙の陣中見舞いなどを簿外で支出。会計処理を担当した折田氏は2009年から2013年、簿外支出で生じた収支のずれを隠すため、資金管理団体「未来産業研究会」が、「小渕優子後援会」と「自民党群馬県第5選挙区支部」の両団体に寄付したように装っていたと言う事です。

 特捜部は近く、同法違反で折田氏を在宅起訴する見通しですが、優子議員については関与した証拠がなく、は不起訴になるとみられます。

 父親の代からの参謀役が、優子議員の知らないところでやってた、で幕引きのようです。周囲にしても、世話になった人のお嬢さんに傷をつけるわけにはいかない、と言う心理もあるでしょう。