内山高志 現役引退を表明

 前WBA世界スーパーフェザー級スーパーチャンピオンの内山高志(37)が、29日にテレビ東京で行われた会見で現役引退を表明しました。

 内山高志は、ボクシングの強豪校として知られる花咲徳栄高校に入学してボクシングを初め、3年生の時に高校総体でバンタム級のベスト8に入りました。拓殖大学時代には、4年生の時に全日本アマチュアボクシング選手権大会で優勝しています。

 卒業後、一時引退を決意しましたが、2005年にワタナベジムからプロデビュー。8戦目で、OPBF東洋太平洋スーパーフェザー級のタイトルを奪取。2010年1月11日、デビューから14戦目、無敗でWBA世界スーパーフェザー級チャンピオンとなりました。

 以来日本歴代3位となる11度の防衛に成功。高いKO率から(生涯24勝の内20KO)、ノックアウトダイナマイトの異名をとりました。しかし、昨年4月に行われた12度目の防衛戦でパナマのジェスレル・コラレスに2ラウンドKO負けを喫して王座を失い、同年12月に行われた再戦でも2-1の判定負け王座返り咲きに失敗。去就が注目されていました。

 やはり引退ですか。37歳という年齢を考えても、仕方が無いでしょう。